夏目漱石〜それから〜 – 晴れ時々雨 (The story of my life)

内容はもう忘れてしまった。
覚えているのは初めて読んだ小説がこの本の中の”それから”ということ。
なんでこんなに読みづらいのだろうかと思い。
それが苦痛だった。
でも読み終えた時に、「そういうことか」と思った。それがすごく満足感を満たしてくれる。
それから読書にハマった。
読んでいる時の苦痛はあるけども、読み終わった時に達成感と、理解した時の世界の広がりがすごく嬉しい。
それと夏目漱石の本が自分の感性と合うから読むようになった。きっかけはこの本ではないけど。
それからは、三四郎,それから,門の中間の話。直接話しが繋がっているわけではないけど、読めばなぜ繋がっているように感じるかわかると思う。
この三部作、それからが内容的には一番楽しい気がする。
電車で読みながら遠出したら、楽しそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です