惑わされないこと – 晴れ時々雨 (The story of my life)

「君にはこの仕事向いていないよ」
スタートの時点で自らの力を測れる人間は少ない。それなりのスキルのある人間でも、自分だとしても難しい。
どこまでやれるかはわからない。
どこまで通用するかもわからない。

ただ、どこまでやるかは自分で決められる。
どこまで通用させたいかも自分で決められる。
あとはどこまで頑張るかということ。

そうして、一息ついたときに自分を見つめ返す。それも今までのやり方でどこまで進めたか。これからどう進めていけば良いか。そういうことを考える。やりたいことなのに辞める必要なんか全くない。やめなくてはいけない理由があったのなら、一時的に休めば良い。

人生は長いようで短く感じる。だからやりたいことがあるならどんな形であれ他の楽しいことが見つかるまでやり通せば良い。

他人を満足させるのは楽かもしれないが、自分が満足しないならそれだと楽しい人生にはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です