プログラミングの延長 – 晴れ時々雨 (The story of my life)

工学系のことを日頃やっているわけではないが、自分の仕事に活かせないかとプログラミングを始め、さらにディープラーニングに興味を持ち。これらをうまく使えば仕事の効率がもっと上がるのではないかと思っていた。
いろいろ本を漁っていたが、ふとまず現状を知ろうということで、立ち止まった。

人口知能を知るにあたってオススメされているこの本を読んだ。

自分がいかに勘違いしていたかわかったし、最初のアイディア通りのことをやろうと思ったら、今すぐ分野を変えるしかないと理解した。

本の初めに日頃の一般の人々(人口知能に携わってない人)が人口知能に思い描く姿が書かれている。自分もそう思っている部分がほとんどだった。
次の章に移った途端にその考えが現実から離れたことだというのがわかった。
みんなが想像する人口知能の開発はそう簡単なことではなかった。当然、他分野の人間が簡単に手をつけられるようなものではない。しかも自分が利用したかったシステム(複雑な画像を人がやるように認識してもらう)はまだ技術的に難しかった。
人口知能の利用の仕方を考えたら、人口知能を使う必要なく、現状のプログラミングを応用すればできそうであった。そこに自らの手作業をいれてやるのが現状でのベストでありそうだった。

今回人口知能について、最先端で起こっていること、一般の人が考えている人口知能と現実にできあがる人口知能の違い。ニュースで見聞きする話題は一部分だけ切り取られて広まってしまっていることがわかった。

これは個人的なことだが、専門分野以外に興味を持った時はまずこういったそれがどういうもので、最先端でどんなことが行われ、どんな方向を目指しているのか。そういったことを知ってから深掘りするかしかないかを判断するのが良いと感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です