自分は特別扱い – 晴れ時々雨 (The story of my life)

どこかに”他人を攻撃せずにはいられない人”みたいなタイトルの本があった気がする。
内容は読んでいないからわからない。

ただ、そういう人は組織に属すると必ず出くわす。
他人に過度な指摘や、謎の強要。挙げ句の果てに仕事をやめろと言い始める。
まだ成長していない素人のような人間にそんなこと言われても今じゃ聞き流すか、笑ってしまうだけなのだが。
冷静になればなるほど、何故奴らは、自分にはその言葉をかけないのだろうかと不思議に思う。
この仕事に向いていない?
客観的な視点をもっているつもりで、いつも自分の好みにバイアスをかけて、欲しい結果以外を無視してしまう。
そんな人間が真実を問うことができるのだろうか?
“向いていない”そう言うつもりはないが、何か変えるべきことはあるのではないだろうか。
賢い人間は沢山いる。使い方次第で、使えないものにもなるし、正しく使えば驚異的な力を持つはずなのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です