察する

予想通り大事な察すること。

別にできなくても、しなくても悪いことではないです。ただ察することができるなら少しズルができるくらいに捉えられるといいのかもしれません。と最近は思っています。

たとえば、言っていることと表情が全く違っていたら、おそらく言葉通りに考えていないんだなとか、言葉の一部を強調したりしていたりなど。たまに間違える時もありますが、そんなに難しいことではなく、経験を積めばそのうちわかってくるのではないかと思います。

気の持ち方も、雰囲気でなんかこうなのかなと思ったりしたら察してみるのもいいのではないかという感じで、本当は何を考えているんだろうかなんて構えてしまっては逆に勘違いが生じてしまう気がします。

そもそも人の言葉を信用なしに、察することだけをしていたら相手を知ることはできないと思います。まずは言葉に耳を傾けて、そのまま理解する。相手を理解できてきたらたまに感が触ると言った流れで自然と対応できるようになった時、察することができるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です