良くも悪くも体感している

持病の所為で何もできない日があったりする。それが長く続くと感じるのが、継続は力なり。

日々の生活で、継続できている時は波に乗っている。学ぶことで言えば、次々に学ぼうと思うし、疑問もたくさんでてくる。休憩した後もサッと話題を変えて問題に取り掛かることもできる。

それが長い時間、例えば3日くらい経つとプツンと緊張の糸が切れる。もう別世界。今までの自分は何をやっていたのかさっぱりわからなくなる。スタート地点を探さないといけなくなる。そして見つかったスタート地点は以前よりも後退している。そこから発進するのもノロノロしている。

こうしたことから、日々の継続と積み重ねは自身の進歩にかなり影響を与えているのだと思う。もし動きたくない日があっても、今までできていたことは軽くでも継続することが大切なんだと実感する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です