知識が一つにまとまらない

こんばんは。前回の記事が一ヶ月以上前だと思っていましたが、なかなか自分としては最近で驚きました。

それはさておき、例の独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方までですが知識をまとめる章になってつまずきました。この章までは個々の仕組みの話でスラスラと頭の中に入っていったのですが、そのあとに、ではプログラムしてみましょうと言われると、何をしていいのかわからないという状態。でも学んでいるときはこれをこうやってああすればこんな感じのプログラムが書けるのではないかと思ったりしているのですが。どうやら形にするまでは自分を過信してはいけないなと思いました。

そして本の中の例題ではハングマンというゲームを作るのですがrlettersとか何だろう?ってなるし。プログラム全体の中に一つ一つの要素が入ってくるとどれがどこを指しているのか行方不明になる…ここにすればはっきりと見えていたものが、まとまると全く見当がつかなくなる。経験の差なのかもしれませんが。到底言語といったようには見られませんでした。まぁとりあえずハングマンのそれっぽいのは書きました。完全ではない理由は、当たっていても、はずれていても「あなたの負けです!答えはcat」と答えを教えてしまいます。それとどんどん吊られた人間が出来上がっていき、最後はしっかりとプログラムが終了する。この答えを教えてしまうところと、当たっていてもはずれと同じ扱いになってしまう部分を直せばいいと思うのですが。ここは目をつぶって本を次の章へ進めていこうと思います。ここは個人的な方針で、とりあえずどんどん進めていき、ひとまず読み終えてからゆっくり見直せばいいかなとか考えているからです。

とりあえず今は基本中の基本しか知らないから、見たことのないコードが出ると知識が追いつかない。なので色々と経験していき知識を増やしつつ。手を動かすことを忘れないといったようにしていくしか頭に浮かびませんでした…とりあえずコードがまとまっても読めるようにしないと先には進めなさそうですね。

何かアドバイスくれる人がいたら歓迎いたします。こんな初心者にコメントをもらえると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です