知識が一つにまとまらない

こんばんは。前回の記事が一ヶ月以上前だと思っていましたが、なかなか自分としては最近で驚きました。

それはさておき、例の独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方までですが知識をまとめる章になってつまずきました。この章までは個々の仕組みの話でスラスラと頭の中に入っていったのですが、そのあとに、ではプログラムしてみましょうと言われると、何をしていいのかわからないという状態。でも学んでいるときはこれをこうやってああすればこんな感じのプログラムが書けるのではないかと思ったりしているのですが。どうやら形にするまでは自分を過信してはいけないなと思いました。

そして本の中の例題ではハングマンというゲームを作るのですがrlettersとか何だろう?ってなるし。プログラム全体の中に一つ一つの要素が入ってくるとどれがどこを指しているのか行方不明になる…ここにすればはっきりと見えていたものが、まとまると全く見当がつかなくなる。経験の差なのかもしれませんが。到底言語といったようには見られませんでした。まぁとりあえずハングマンのそれっぽいのは書きました。完全ではない理由は、当たっていても、はずれていても「あなたの負けです!答えはcat」と答えを教えてしまいます。それとどんどん吊られた人間が出来上がっていき、最後はしっかりとプログラムが終了する。この答えを教えてしまうところと、当たっていてもはずれと同じ扱いになってしまう部分を直せばいいと思うのですが。ここは目をつぶって本を次の章へ進めていこうと思います。ここは個人的な方針で、とりあえずどんどん進めていき、ひとまず読み終えてからゆっくり見直せばいいかなとか考えているからです。

とりあえず今は基本中の基本しか知らないから、見たことのないコードが出ると知識が追いつかない。なので色々と経験していき知識を増やしつつ。手を動かすことを忘れないといったようにしていくしか頭に浮かびませんでした…とりあえずコードがまとまっても読めるようにしないと先には進めなさそうですね。

何かアドバイスくれる人がいたら歓迎いたします。こんな初心者にコメントをもらえると嬉しいです。

知的生産を増やす

本業の方で仕事の進め方を悩んでいたので読み始めた。

まだ読み始めたばかりだけれども早速良い経験になった。前の所属では知識や教養をたくさん求められたけれども、そもそもそれが間違いだった。知的生産と知的消費、前者は自分で物事を作っていくことで、後者は勉強したり、教養的な会話をするといったこと。ここで間違えに気づいた。自分は知的消費に時間を割いていたんだと。それでいてたまに仕事がサクサク進んでいる感覚になるのは、知的生産が行われている時だったと。

そして読んでいて思ったのがプログラミングにもとても当てはまる事象なんだろうと。そしてそれがうまく進んでいるように思えるのも、概ねラクして成果が上がる理系的仕事術 (PHP新書)の内容に合致して進んでいるからだと思う。全くプログラミングを完璧に学ぼうなんてみじんも思っていなく、現在行なっているいろはを覚えたら、すぐさま自分の作りたいものをプログラムして実用させようといったことしか考えていない。自分が必要と思うこと以外に全く興味を持っていないし、心配事なんて皆無。

最後に並行して何かを学んでいるということの利点にこういったことがある。他の方面から良いアイディアを共有できるということ。これを知っているからいくつかのことを並行して学ぶことを始めた経緯もある。どこかで人は3つのことまで並行して学ぶことができるとあった。3つが限度なのかはわからないけれども、少なくとも2つ並行していれば良いことがある。同じことに100%ずっと力をいれていくのも辛いことだと思うし。

勝手に妄想してみる

こんばんは。二冊目の参考書でPythonの基本を復習をしています。

そうして比較演算子とif-else構文を学んで思ったのですが、これを単純に組み合わせれば、色々な物事を分別できるようにになるのではないかと。それにディープラーニングを合わせれば(妄想)色々な物事を分別して結果をはじき出すプログラムになるのではないか…

と学んでいて思ったのでした。最近本などが流行っていますがもう少しアウトプットを取り入れて行こうと思います。なんかただ学んでいますだけだと読んでいる人もつまらないと思うので、思ったことを書いて誰かが考えるきっかけにもなってくれたら良いなと思います。

初心者仲間

今日は運よくプログラミングを始めたばかりの人に出会った。

その人からしてみれば、一冊を読み終えていた自分は先輩に映るみたいだった。こうやって身近に同じようなことをスタートした人がいると気分がいいしもっと頑張ろうという気になれる。

とは言ったものの先輩に見えただけで、実際に何かできるかと言われたら何もできないわけです。そうして今は読み終えた一冊を二周するよりももう一冊を読んでいく方向にしたのでした。

最近のインターネットの新たな楽しみ方として、ホームページのソースをみて世の中のサイトはどんな感じで作られているのかをみてにやけています。

スクレイピングとRaspberry Piもチマチマと弄っています。

良くも悪くも体感している

持病の所為で何もできない日があったりする。それが長く続くと感じるのが、継続は力なり。

日々の生活で、継続できている時は波に乗っている。学ぶことで言えば、次々に学ぼうと思うし、疑問もたくさんでてくる。休憩した後もサッと話題を変えて問題に取り掛かることもできる。

それが長い時間、例えば3日くらい経つとプツンと緊張の糸が切れる。もう別世界。今までの自分は何をやっていたのかさっぱりわからなくなる。スタート地点を探さないといけなくなる。そして見つかったスタート地点は以前よりも後退している。そこから発進するのもノロノロしている。

こうしたことから、日々の継続と積み重ねは自身の進歩にかなり影響を与えているのだと思う。もし動きたくない日があっても、今までできていたことは軽くでも継続することが大切なんだと実感する。